楽器の種類

 

いろいろな楽器

音楽と言えば日常生活の中でいつも聞いているのではないでしょうか。
音楽には楽器が付きものです。

楽器はいろいろとあるのですが、どのくらいの種類があるのでしょうか。

 

実にたくさんあります。
オーケストラなどを想像してみましょう。

幾つぐらいでしょうか。
オーケストラでなくても、日本独自のものや他の国の民族楽器などを入れると大変な種類になるでしょう。

 

楽器の種類を考える時には音の出し方による分類と素材などによる分類が一般的です。
音の出し方で言えば、まずは打楽器です。

これは太鼓のように叩いて音を出すものです。
通常思い浮かべる太鼓ですね。

 

その大きさや形によっていろいろな音色を出してくれます。
日本にある和太鼓や鼓などは打楽器の典型です。

それから、弦を弾いて音を出すものがあります。
ギターのようなものです。

 

これも形によって音色が変わってきますから、たくさんの種類があります。
マンドリンやフォークギター、クラシックギターなどがポピュラーなところでしょうか。

それから空気の流れで音を出すものがあります。
笛ですね。

 

木管楽器、金管楽器のように材料によって区分けされています。
日本では尺八やたて笛、横笛などがありますね。

小学校から音楽で習うのはリコーダーやハーモニカですね。

 

弦を弾くものにもバイオリンのように弓を使って音を出すものもあります。
私たちの日常ではあまり使用することはありませんが、それらの音を聞いていると落ち着いた気持ちになったりする大事な音と言うことですね。

 


inserted by FC2 system