打楽器|楽器の種類

 

打楽器

楽器の中でもいろいろな民族楽器が多い打楽器を紹介しましょう。
日本人が初めて触る楽器として、カスタネットと言うケースは多いのではないでしょうか。

もちろん、ピアノを小さい時から習っている人もいるかもしれません。
打楽器の種類として、体鳴楽器があります。

 

これはカスタネットのように楽器そのものを叩いて、その音が音楽なのです。
拍子木や木魚もそうです。

 

金属製であれば、シンバル、チャイム、トライアングルなどもありますね。
それから、太鼓のように膜を張ってそれを叩く楽器があります。

膜鳴楽器と言われます。

 

ドラムやティンパニなどがありますね。
アフリカや南米などの民族楽器としても太鼓はいろいろとあるようです。

日本でも大太鼓から鼓のような小さなものまで様々にあります。

 

音色としては大きいほど重厚は音になります。
小さい太鼓は高音になるようです。

楽器としては比較的素人でも扱いやすいものかもしれません。

 

もちろん、プロのようになれるわけではありません。
それでも子どもにとって太鼓は扱いやすい楽器なのです。

太鼓やシンバルを組み合わせたものとしてドラムがあります。

 

コンサートなどで見るドラマーはかっこいいものがありますね。
あの姿に憧れてグループを結成したりする人もいるのではないでしょうか。

打楽器はリズムが大事です。

 

高等技術になってくると、叩き方も何種類もあるようです。
音楽が人を和ませるとは言いますが、打楽器の場合は踊りたくなるような躍動感を与えるものではないでしょうか。

 


inserted by FC2 system