小学校の楽器|楽器の種類

 

小学校の楽器

小学校の先生になる人はピアノの練習をしなければなりません。
学校では音楽が必ずあるからです。

昔は楽器と言えば学校で使うものだというイメージがあったようです。
学校以外では習い事をしている人だけが持っているのです。

 

小学校で使う楽器というと昔はハーモニカでしたが、最近はリコーダーのようです。
また、カスタネットや鍵盤ハーモニカも使われていますね。

小学生の時から音楽の楽しさを知ることは、人生において重要なことだと考えられているのでしょうか。

 

たしかに、音楽は人を幸せにしてくれるかもしれませんね。
テレビや街角にはいつも音楽が溢れています。

そのような音楽を自分も演奏してみたいと考えた時に、音符を読めるかどうかは重要なことになるでしょう。

 

すべての楽器を演奏することは難しいでしょうが、小学校で習った楽器の延長でできることはたくさんあるのです。
ある音楽家などは小学校で使用する楽器だけを使った演奏会を開いているようです。

カスタネット、鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどだけを使っても、奥行きのある素晴らしい演奏会になるのです。

 

決して子ども向けの楽器ではないということなのです。
高校生などになったら、バンドなどに憧れてドラムやギターをやりたがります。

それはそれでいいのです。

 

自分が好きな楽器に触って、その音色を味わうことができるようになりたいものです。
子どもの時から音楽を習っている人は、その楽器については十分な技術を持っていることでしょう。

一度習った楽器のことは体が覚えているのです。

 


inserted by FC2 system